· 

「宝笠」の魅力/洋菓子講習会レポート

製菓用小麦粉

「宝笠シリーズ」

現在、世の中には数え切れない程多くの銘柄の製菓用小麦粉が存在します。それらは用途や目的、また作り手の想いにより使い分けられています。その中でもトップクラスのロングセラー「宝笠シリーズ」。

愛され、支持され続けるその魅力とは何なのか。

改めてその事を考え、見つめ直す為に、

製造元である(株)増田製粉所主催の製菓技術講習会に行ってきました。

「なぜ宝笠シリーズを使用するのか」

講師:パティスリーエチエンヌ(神奈川県川崎市)

オーナーシェフ 藤本 智美 氏

50名以上の参加者が集まり、会場は熱気で溢れておりました。「特宝笠」を使用したショートケーキやロールケーキ、スフレ・フロマージュ。「アモーレ」「テゾーロ」「特宝笠」を使用したフロマージュ・サブレ。ほか計7品のアイテムについて実演と講義を受けました。

実際のお菓子を試食し改めて感じたことは、ショートケーキやロールケーキの生地の口どけが抜群の良さです!!しっとり、とろけるような食感です。

独自の「グルテンの形成を出来るだけ抑える」製粉製法。また粒度が細かく水分保持力が高い事が理由と教えてもらいました。

今回は無かったですが、カステラにも最適!浮きが良く、沈みづらいという事です。また、クレープ生地にも向いており、口どけの良いクレープ生地ができます。(グルテン形成がしづらいので、あえて生地を寝かせてグルテンを弱らせる必要なし。)

ベーシックなお菓子程、シンプルさ故に素材と技術が問われます。より上質な口溶けやしっとりとしたスポンジ生地を考えられている方、是非一度、宝笠シリーズをお試し下さい!!